ホーム  落ち穂の会とは  みことば配信  礼拝&賛美  落ち穂の祈り  落ち穂の広場
トップページ 会について みことばの配信について 礼拝、賛美について 落ち穂の思い、祈り… お勧めなどいろいろ…
 

落ち穂の祈り
東方の星

あなたがたを、つまずかないように守ることができ、傷のない者として、 大きな喜びをもって栄光の御前に立たせることのできる方に、 すなわち、私たちの救い主である唯一の神に、栄光、尊厳、支配、権威が、私たちの主イエス・キリストを通して、永遠の先にも、 今も、また世々限りなくありますように。(ユダ 24,25)


生まれてから、今まで、かすり傷も含め、一度も怪我をしたことのない、人間はいないでしょう。
それと同様、心に傷を負ったことのない人間は、いないのです。
受けた傷を、どのように扱い、治療するかによって、その後が、異なってきます。
かすり傷であっても、場合によっては、ばい菌が入って、膿んで、死に至ることだってありえます。
私たち人間をも造られた創造主なる神は、私たち以上に、私たちのことをご存知なのです。
その方は、「わたしがいのちのパンです。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は
どんなときにも、決して渇くことがありません。」と言われ、日々、心を強めてくださる方なのです。


うるちゃんますます元気になる

あなたは、祈るときには自分の奥まった部屋にはいりなさい。そして、戸をしめて、隠れた所におられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れた所で見ておられるあなたの父が、あなたに報いてくださいます。 (マタイ 6:6)
もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。 ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです。(マタイ 18:19,20)



  お祈り下さい


☆ カルト化関係の被害者が、判別力を養うように。
☆ カルト化指導者が悔い改め、贖罪の心を持つように。
☆ 日本のひとつひとつの教会が、キリストの愛に満たされ、真理からの一致をもって歩むように。
☆ クリスチャンが、分裂をもたらす惑わしの力から守られるように。
☆ 教会を治める者が多く起こされるように。(Ⅰコリント 12:28,5:12)
☆ つまずき、信仰から離れた人々の信仰が回復されるように。
                                                   

「そして、神は教会の中で人々を次のように任命されました。すなわち、第一に使徒、次に預言者、次に教師、それから奇蹟を行なう者、それからいやしの賜物を持つ者、助ける者、治める者、異言を語る者などです。」(Ⅰコリント 12:28)
「外部の人たちをさばくことは、私のすべきことでしょうか。あなたがたがさばくべき者は、内部の人たちではありませんか。」(Ⅰコリント 5:12)







【教会のカルト化体質チェックリスト】

 教会のカルト化とは?

対象とする組織がカルトなのかどうか、
また、カルトとまではいかないけれどカルト化しているかどうか、
または克服できていない個人的な弱さゆえの問題なのかの判断は、
あいまい、かつ、対応が難しい問題です。早期の相談が大切です。
また、社会に知れ渡っている「カルト」や「異端」と同じアプローチをすれば、解決は遠ざかってしまいます。
問題が大きくなればなるほどに、互いの傷も深まり、修復できない問題となっていきます。
また、人間の心を扱うことになるため、誤ったアプローチによっては、よくない結果を生み出します。
一人でじっくり考えることも場合によって時には大切なことですが、カルト化問題は一人で迷って悩まずに、専門機関に相談することをお勧めします。

教会のカルト化体質チェックリスト

「指導者の権威主義に関するチェックリスト」「マインド・コントロールに関するチェックリスト」
「排他性に関するチェックリスト」「被害に関するチェックリスト」の4項目に分かれています。
(上のボタンをクリックして下さい。)

相談、お問い合わせは、 キリスト教カルト化被害者支援機構のフォームからどうぞ。   



【ばいぶるドッグ先生のチャート診断コーナー】

     ばいぶるドッグ先生のチャート診断







お勧め情報


日々のみことば
  配信申込受付中 !!



健全な信仰生活のためのカルト化チェック


信仰生活にひそむカルト化被害チャート診断


お役立ち情報リンク


うるちゃん日記用ブログです♪


お問合せ先

mail:gleaning★ochibo.net
(★を@に変更して送付ください。迷惑メール対策です。)

こちらからもできます!











気のせいか…その見過ごしが被害者への道

 
 Copyright © 1999-2020 Ochibo All Rights Reserved.